polestar/Sumiのブログ

西洋占星術師による占いとクラフトをご紹介するブログ

【月が教える近未来】2021年1月29日 しし座満月があなたにもたらすもの

新しい年が始まって、最初の満月はしし座で起こります(1/29の04:16)。

 

 

しし座は自己アピールや華やかさ・パワフルさを意味する星座。

 

今回のしし座の満月が起こるのは、しし座の9°。

サビア占星術で見た場合はしし座の10°となり、しし座の°のサビアンシンボルは『早朝の露』。

 

f:id:Megrez:20210126140459j:plain

朝露(写真AC)

植物の葉の上にきらめく朝露は、キラキラと輝いてステキですよね。

しかしながら「露」はかなく消えていくものの象徴であることも。

 

あなたに訪れるラッキーチャンスも、いつまでも同じところにとどまることはありません。その訪れを確実にキャッチするためにも「一期一会」を大切にすることです。

 

  

【しし座満月のあとにおすすめしたいこと】

 

 しし座満月のあとは「謙虚さ」がポイント。

 

ナンバーワンになって、みんなからの注目を集めることよりも、少し離れたところから、あなたやあなたを取り巻く環境を静かに観察してみましょう。

 

f:id:Megrez:20210126140931j:plain

百道浜の満月(写真AC)

 

そうすることで、これまであなたが気づかなかった「何か」を見出すことがありそうです。

 

また、誰かに欠点や悪いところを指摘されても、ムキになって反抗したりしないこと。

アドバイスや忠告は素直に受け入れることが大切です。

 

プライベートと仕事のバランスが崩れている人は、この満月を境に生活リズムを取り戻していきましょう。食事は量や栄養バランスにも気をつけて。

 

また前回のやぎ座新月の時は「やるべきことをやる」というテーマをお伝えしましたが、今回のしし座満月以降も「やるべきことをやる」ことが大切。

 

やぎ座の時はあなたの社会的な立ち位置からの「やるべきこと」だったのですが、

しし座の場合は、個人的な視点から「やるべきこと」をやる…というもの。

 

特に好き嫌いの感覚で何かを放置してしまうのはよくありません。なぜやらなくてはいけないのか?を意識して取り組みましょう。