polestarのブログ

ケシパールやスワロフスキー・天然石を使ったアクセサリーや雑貨を制作しています。

真空溶媒 〜これまでの作品写真〜

宮沢賢治の詩「真空溶媒(しんくうようばい)」。副題はドイツ語でEine Fantasie im Morgen(幻想の朝)としています。

 

アクセサリーを作り始めて20年近くになりますが、この真空溶媒の世界をイメージした作品がかなり多いです。初めてカタチになったのは8年ぐらい前になります。

 

白鳳社の宮沢賢治詩集に「真空溶媒」が掲載されています。 

f:id:Megrez:20180501233519j:image

 

今よりも少し大きめの淡水ケシーパールを使用していました。アンティークゴールドの金具のイヤリングです。

f:id:Megrez:20180501233611j:image

 

使用している不思議な輝きを持つスワロフスキー「ホワイト オパール スターシャイン」は廃盤になってしまいました。今ではブルーオパールといったカラーのスワロフスキーも使用しています。

f:id:Megrez:20180501233641j:image

 

真空溶媒という詩を読んで頂くとわかりますが、幻想的な白銀の世界です。

そのこともあって使用している金具もシルバー系が多いかも。

でもゴールドもまた、淡水パールやスワロフスキーを際立たせてくれます。

f:id:Megrez:20180501233701j:image

 

真空溶媒が宮沢賢治の詩ということもあって、岩手県花巻市の白鳥の停車場さんに納品することが多くなったかも…

f:id:Megrez:20180501233715j:image

 

大き目のスワロがブルーオパール、フラワーの中心やちりばめられているスワロが廃盤のスワロです。

f:id:Megrez:20180501233742j:image

 

一時期、真空溶媒のミニチュア額を白鳥の停車場さんに展示していただいていました。

北極犬にはもう少し時間をかけてみたかったんですけどね。

今度、北極犬だけ単独で作ってみようかな。

f:id:Megrez:20180501233753j:image

 

水晶の単結晶へのデコレーションです。ブローチになっています。

f:id:Megrez:20180501233810j:image

 

こちらは淡水パールの代わりにホワイトメノウを添えています。重さは約6gで、これまでの淡水パールのリングとそれほど変わりません。

f:id:Megrez:20180503102531j:image

 

真空溶媒という詩から、さまざまな作品が生まれてきます。

これからも少しずつ形や雰囲気を変えながら、作品として誕生し続けていくんだろうな…